fc2ブログ

何故だかフィリピン

フィリピンに行く,行きたい理由…

フィリピンの豊かな自然を楽しむ?

出不精な俺は楽しめない。



彼女に会いに行く?

俺は既婚者、割り切った女遊びをしても良いが

浮気はダメだ,恋愛などあり得ない俺



夜のマニラを楽しむ?

意外とこの理由の方が多いようだが

俺は殆ど興味が無い。(卒業した)



ズバリ女遊び?

この理由も多いだろうが

凸凹の為に態々フィリピンまで行く気には

全く成れない俺です。



自称ブルゴス親善大使だから?

これは、短期滞在では遂行できない職務だからなぁ…(笑



俺は観光旅行でフィリピンへ行く理由が無い事を

この2年余りの日本での生活で確認が出来たのだが

ヤッパリ『何故だかフィリピン』なのだよなぁ…


一時期、フィリピンでの生活,仕事に疲れ果て

日本での生活,仕事を考えフィリピンから離れたが

何故、フィリピンでの生活,仕事を選んだのか?

初心を想い出せるような環境に身が置けた時に

フィリピンでの仕事話が舞い込み再赴任

初心を想い出し、見方や考え方を変えられた時に

以前はストレスだった事がストレスでは無くなり

楽しい?少しは気楽に生活,仕事が出来るようなった。


そう、俺がフィリピンに行きたい理由は

『仕事』

あの環境での仕事を楽しみ生活がしたいのだと

改めて気が付いた,気が付かされた日本での生活

しかし、俺の携わる業界は過去に例を見ない逆風

完全に冷え切って案件,フィリピンで展開するような

プロジェクトが全く無いと言える危機的状況なのよね…(涙


Leo

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
スポンサーサイト



  1. 2022/04/23(土) 10:06:56|
  2. 俺の****
  3. | コメント:6

『暗闇にいたら見えぬモノ、聞こえぬ叫びがある』

Pナさんとの第一次接近遭遇でフィリピン,Pナさんと言う

『禁断の扉』の存在を知るがノックをすることも無く素通りした俺だが

これから一年半後に第二次接近遭遇をして

Pナさん童貞を失う、Pナさんにハメたから嵌った?

『禁断の扉』をノックして開いてしまう。

更に一年後にはPナちゃんとの第三次接近遭遇では

Pナちゃんの初めての男,バージンを頂き

フィリピンの法律では未成年者との淫行で犯罪者となり

『禁断の扉』から『禁断の世界』の住人になる。


暫くは彼女の向こうに見えるフィリピンが全てであったが

初渡比をして現地を知る、その後仕事で関り

短期(3泊4日)中期(4~5か月)出張を重ねて

見えるフィリピン、フィリピンの見方が大きく変わる。


更に見えるモノ、見方が大きく変わったのは

駐在,フィリピンに住み始めてからだった。

これも、5年、10年を過ぎたあたりからは

更に見えるモノ、聞こえるモノが変わった?

経験量や情報量が格段に変わったと思う。


日本で生まれ育っても日本の全てが分かっている

知っている訳では無い

それが外国,フィリピンと成れば、関わって何年経とうが

何百回と訪比しようが見えるモノ、聞こえるモノは限定的

仮に移住をしても限度がある…


なのに「それはフィリピンでは無いでしょう…」と

言い切れる単なるPP嵌りにPナ信者がいる事が信じられん。



さぁ~未だ知らないディープなマカティの御下品通りの

解明をするためにフィリピンに逝くぞぉ~(爆


御口に乳
(本文とは無関係です。)

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2022/04/08(金) 10:21:58|
  2. 俺の****
  3. | コメント:2

認識させられ認定される…(悲

誰もが感染するリスクがある病原菌と言えば

今はコロナ一色と言えるだろう…

その為にフィリピンへの入国前、日本への帰国前には

感染していな証明,陰性証明書の提示が求められている。


人に病気を移さない為には仕方がない措置である。

フィリピンにはある職種に従事する前には

必ず病気の有無を検査して陰性証明書の取得し

必要に応じて証明書の提示が求められる。


俺がこの職業を知ったのは、マカティの御下品通り

そうです。御下品通りに勤めるお姉ちゃん達は

就業前には必ず性病の検査を受け陰性証明書が無ければ

仕事が出来ない、また定期的に性病検査を受けないと

仕事を継続的に続けることが出来ない

性病感染のリスクが伴うような業務の有無に関わらず…


まぁ~この通りは性病感染リスクと隣り合わせの

特殊な仕事であるから驚くことも無く

日本より確りと予防措置が取られていると

違った所で驚き感心した記憶がある。


その後、御下品通り以外の接客業に従事するお姉ちゃん達にも

性病検査が義務付けられている事を知るのだが

その店には日本人のオヤジが熱狂して通い

そこのお姉ちゃんに嵌り『天使』だと崇める

カラオケ、カラオケ~ナです。


彼女達にも性病検査が義務付けら

『お前はポクポクになるのね!?』

と、認識させられて

『お前はポクポク!』

と、公的に認定される訳だぁ…


何とも悲しい現実、仕打ちなのだろうか?

こんな彼女達の社会的地位は?


熱い


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2022/04/06(水) 16:15:54|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:2

カムカム?ゴーゴーエヴリバディ!?

「暗闇でしか見えぬものがある。」

「暗闇でしか聞こえぬ歌がある。」



確かに…


「ネオン街でしか見えぬものがある。」

「ネオン街でしか聞こえぬ歌がある。」


と、自称フィリピン大好きなフィリピンベテランは

ネオン街を闊歩する…


そんなこと,ものもあるでしょうなぁ…

「旅行者にしか見えぬものがある。」

「旅行者にしか聞こえぬ歌がある。」


と、自称フィリピン大好きなフィリピンベテランは

熱く語り渡比回数は100回を超えたと自慢げ…


しかし、

「居住者にしか見えぬものがある。」

「居住者にしか聞こえぬ歌がある。」


こんなことが数多くあることを知るべきである。


自称フィリピン大好きなフィリピンベテラン

「日々鍛錬し、
いつ来るともわからぬ機会に備えよ」

                     (By 伴 虚無蔵(笑)


さぁ~コロナ騒動がフィリピン側は一段落?

旅行者の受け入れが始まっているフィリピンへ

カムカムエヴリバディ!(笑

ゴーゴー大好きLeoエヴリバディ!(笑




オルティガス

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2022/04/03(日) 15:16:26|
  2. 俺の****
  3. | コメント:12

ギャップ,大きな温度差があるなぁ…(苦笑

置かれた立場や環境の違いや関わり方の違いで

同じモノを見ても感じ方や見方が違う,見えるモノが違う。


日本人でも長らく日本を離れ、外から見る,見える日本と

日本に戻り数年生活してから見る,見えてきた日本は違う。

俺自身が感じている。


これが、外国人が見る,見える外国と成れば更に違う…


長らくフィリピンに関り、フィリピンで暮らして来た人と


フィリピン(Pナさん)を、こよなく愛してPP通い

渡比を繰り返している人とフィリピンの見方や感じ方

観ているモノ、見えてくるモノにはギャップ、温度差がある

日本に戻り、この2年余り日本側から見て

『全く違う!』と痛感したLeoです。

ヘレラ通り

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2022/04/01(金) 10:46:36|
  2. 独り言
  3. | コメント:4

女が「女の幸せ」を知った時…

素敵な女に出逢い、素敵な一時を過ごしたが

必ずしもハッピー・エンドばかりでは無い。


辛い別れを乗り越え、好い想い出として胸にしまい

ある女が発した言葉は…

「私も女の幸せを知りました。」

「ただ一夜でも、それを知れば

後は余生と思える恋でした。」



こんなことを女が思っている,言われた…

こんな男が居たとしたら凄いよねぇ~

相思相愛



また、ある女が発した言葉は

「私も女の幸せを知りました。」

「ただ一夜でも、それを耐えれば

後は余生と思える大金でした。



女にこんな事を思わせる,言わせたら

これは、これで凄い男だよなぁ…(爆

金こそ人生


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2022/03/26(土) 12:37:27|
  2. 俺の****
  3. | コメント:2

Pナさんとの第一次接近遭遇(リニューアル版)

時は1981年Leo17歳,高校二年の冬…

2年前にバイト先で知り合った2歳年上のお姉ちゃんが

高校を卒業後バイト先の茶店を辞めて夜の世界へ


このお姉ちゃんに惚れていた俺は、多い時は週6日のペースで

スナック通いをしていた。


この店で初めて外国人,Pナさんと接近遭遇をしたのです。


彼女名前は“ジュン”

年頃は24~5歳だったように見えた。

初めて間近で見るPナ、エキゾチックな顔立ちに

少々圧倒された記憶が鮮明に残っています。


当時のPナさんと言えば、バンドメンバーか売り・・・

彼女は後者で、行く先々で蔑んだ眼に晒されて来たのか?

表情にはPナちゃん独特の明るさが無かった。


若い俺には全くそんなことは関係なく

妖艶な彼女に圧倒されながらでも興味津々で

楽しく酒を飲み酔っぱらった記憶が残っている。


当時のスナック閉店前には店のママさんや

歌自慢のお姉さんラストソングを歌う

ラストソングの定番は『そっとおやすみ』


店内の照明を落としテーブルに付いていた

お姉ちゃんとチークダンス…

とは言ってもダンスなど踊れる洒落たオヤジ,

客などいなく、お姉ちゃんと身体の密着度上げ、

耳元で口説く?スケベな会話、オファーしたりしていた。


あの晩の俺の相手は勿論“ジュン”

あのくびれた腰、豊満な胸と御尻の感触は

今でも忘れられないくらい衝撃だった。


俺には惚れたお姉ちゃんが居たので

ジュンと何か展開があった訳ではないが

今でも忘れられない、覚えているのが

密着度が上がったあの時彼女は

俺の腕の中で泣いて事です。


「私だって好き好んで、こんな仕事(売春)している訳では無い」

「なのに皆、汚い物見るような眼で私を見る…」

「でも、貴方は私に普通に接してくれた」

「こんなにリラックスして楽しん時間を過ごせたのは初めて」

「本当にありがとねぇ…」


と頬にキスをしてくれた。


当時からPナちゃんに人気があった,

モテモテLeoだったのでした。(爆

Bottoms


最後に…
今日もオヤジの戯言に御付き合い頂き恐縮です。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ

  1. 2022/03/24(木) 10:59:35|
  2. 思い出
  3. | コメント:4

海外,フィリピンか?それとも日本か?

自分の意志とは無関係に

環境は変わる…


フィリピンを去り

日本への帰国を決断した御家族


日本から離れ

フィリピンへ移住検討している御家族


夢を追い掛けて

フィリピンへの進出検討中の若者


これからどうなるか見当も付かない俺

どうしたいかも分からないLeoが居る…



流れに流されて来た俺の人生

さて、これから

どの様な流れが来るのだろうか?

流れに流されても飲み込まれない

溺れない人生を送りたいと思う。


20060313161550.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2022/03/22(火) 10:54:09|
  2. 生活
  3. | コメント:2

Remember Me…

夏の定番ソングと言えばTubeを想い出す昭和のオヤジLeo

その中の一曲が今日のタイトル Remember Me 80年代後半にリリースされた曲で

この曲の中に、こんなフレーズがある…

恋とは 奪い合い続け 愛とは 与え続けて行くこと

今頃 気づいたよ

せつなさが 止まらない Let me see your smile



なるほどなぁ~と、頷くと同時に違うフレーズが俺の頭の中を駆け巡る


それが、これだぁ…

恋とは 与え続け(プレゼントで繋ぎ止め)

愛とは 毟り取られ続けること(比国への送金地獄)

今頃 気づいたが手遅れ

せつなさが 止まらない

Let me see your brain cells


このフレーズをP型脳炎重症患者?末期患者に捧げます。(爆

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2021/07/08(木) 15:05:28|
  2. 独り言
  3. | コメント:6

単なる女好きな酒飲みでは無い…かぁ?(笑

「何故だかフィリピン」のブログ主Leo

最近のネタは「お姉ちゃん」と「ブルゴス」が多く

過去のエントリー『「Leo」と「ブログ」に「ブルゴス」…」でも

何故だかフィリピンのLeoでは無く『ブルゴスのLeo』と言われた

認識されているのだが、実はLeo様は単なる女好きの酒飲みでは無い!

Leoの真の姿?知られざる一面がこれだぁ~~~~




武道家

そう、Leo様は武道家でもあるのです。

身体を鍛え、健康を保つことで、おのずと精神も健康になる!

「健全な精神は健全な肉体に宿る」この名言を実践しているのです。


しかし、現実は健全な肉体になり、酒は美味いは体力が付いたので

疲れを知らない子供の様に御下品通りを徘徊、店内では飛び回ってしまい

出費が嵩んだだけでしたわぁ~(苦笑


改めて名言を調べてみると「健全な精神は、健全な肉体に宿る」ではなく

「健やかな身体に健やかな魂が願われるべきである」と書かれていた。

つまり「そうであればいいのに…」という願望を表現した一説で

「現実はそうでないことが多い」ことを嘆き、訴えていた

古代ローマの詩人、デキムス・ユニウス・ユウェナリスが『風刺詩集』に

登場させた一説であることが判明…

これで、妙に納得をした俺様Leoは、深く悩まず「ブルゴス親善大使」を

これからも続けることを心に決めました!(爆

Leo様のブログは名言の由来迄学べる素晴らしいブログで

そこらのP系ブログとは一味も二味も違うぞぉ…(笑

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2021/07/03(土) 15:21:31|
  2. 俺の****
  3. | コメント:6
次のページ

Leo

06 | 2022/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search