何故だかフィリピン

格差社会に生きる差別主義者達…

フィリピン人は非常に明るく、笑顔を絶やすことがないですが

その笑顔の裏側には、ドロドロとした想い,格差と差別がある…


それが鮮明に現れているのが日本人向けカラオケに勤めるお姉ちゃん達の総称である。


小さな個人店の入り口などに貼られているお姉ちゃんの求人広告に

「CCA求む」CCAってなんだと思いカラオケのマネジャーに尋ねると

Customer Care Assistantの略だと…


以前,25年ほど前も「GRO求む」の求人広告でも同じ質問をした記憶があり

Guest Relation Officerの略だと…


どちらも解り易く言えば「Hostess」だと思うが、彼女達曰く

Hostessと言う言葉には、スラングで「売春婦」が含まれるので

イメージが悪いし、私達は金で寝る売春婦とは違うから

区別するため,区別できるように「GRO」(現在は「CCA」)と呼ぶ,呼ばれたい!


ふぅ~~~、それなりの理由がある訳だが、少し突っ込んで考えてみると

フィリピン人しか出入りしないカラオケ(ビデオケ)では

ほぼ100%と言ってよいほどお姉ちゃんを連れ出せる,買える店であって

カラオケ勤め=売春婦と言うのはフィリピン人,

フィリピン社会では常識であると言えるようである!?


カラオケに勤めるお姉ちゃんの大半は、家族に対してはGROやCCAと言う

素晴らしい呼称があっても家族には「レストランのウエートレス」などと言い

カラオケ勤めであることを隠している…


また、一般の企業に勤めなどが出来る、一定の教育を受け人達も

どんなに美人で可愛い娘であっても「カラオケ勤め」と解れば「ポク子」と見下し

簡単に凸凹遊びが出来る相手として、軽いノリでアプローチして

真面目に口説くことはないそうだぁ…


GROだのCCAなど呼称を作っても、フィリピン社会もカラオケ勤めの娘を見下す

ポク子と同等な扱いをしている!それがCCAとして働くために受講する「セミナー」


これはセミナーと言うが、主な目的は定期的な「性病検査」であるらしい。


フィリピンでは、最低でも2年制のカレッジを卒業していないと、

労働基準法で守られる職業に就くことが出来ない社会です。


このような格差を付けることで、金持ちは安くメイドやドライバーを雇う

金持ち,強者は、貧しい,弱者を意のままに使うことが出来る

差別主義者を作る社会を構築したのがフィリピン共和国だと思う

貧しい家庭出身者の俺,Leoです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
スポンサーサイト
  1. 2018/03/29(木) 08:53:12|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:2

登録電話番号以外からのTextの主は…

?:「おはようございます!」


俺は基本的に携帯電話に登録されていな番号からの着信やTextは無視するのだが

爽やかな朝に合う爽やかなTextだと感じ、誤送信したと思われる

Text主が「返信」がないことで憂鬱な朝になることを心配したのと

誤送信であることを知らせるために返信をしてみた。


俺:「おはよう…」

?:「まだ部屋にいるの?」



えぇ…誤送信ではなく俺へのTextなの?


俺:「いや、既に会社ですが…」

?:「私も会社で、これからコンビニへ朝食を買いに行くの…」



何となく文面が女性みたい…


俺:「そうですか…朝食は確り食べた方が良いからねぇ~」

?:「有難う…相変わらず優しいのねぇ~」



えぇ~~~誰だ?

比較的確りした英語と文面、オフィス勤めの女性…分からない…


少し間をおいて

?:「所で貴方は誰とTextしているか分かっていますか?」

俺:「申し訳ない、実は誰だか分からずTextしています…」

?:「haha…でも、貴方は私のことをよく知っているよ!」

俺:「でも、俺の携帯電話には、あなたの番号は登録されていませんが…」

?:「でしょうねぇ~この番号からLeoにTextするのは初めてだから…」


うわぁ~~~~本当に俺のことを知っている女性だぁ~~~~


?:「私の本名は〇〇〇でお店での名前は△△△でしたぁ~」


先週の夜勤,平和維持時活動@お下品通りの時に

行きつけの店でスーツ姿の彼女が「Leo久し振り!」と声を掛けてきたわぁ~~~


彼女がこの店にダンサーとして勤めだしたのが10年位前だったかな?

数年前に店を辞め、途中にしていたカレッジを卒業して「Leo何か仕事は無い?」と

連絡してき時に俺は役に立てなかったが、新しい人生を歩みだした彼女を

陰ながら応援していた。


バーで踊っていた若かりし頃を懐かしんで、仕事帰りに店に顔を出した言う彼女と

賑やかな店内でお互いの近況を簡単に報告している中で


「私、結婚したの…」

「おめでとう! こんな店に出入りしたら拙いでしょう?」

「大丈夫!今夜は旦那も一緒だから…」

「えぇ~~~」


彼女は店の奥に視線を向けると、薄暗い隅に一人の男性が座っている。


よかったぁ~~~以前,彼女が勤めている時のように

彼女の乳を揉んだり、パンティーの中に手を入れなくってぇ~~(爆


「Leoに旦那を紹介したいのだけど…」

「遠慮しておくよ!幸せにねぇ!」


うぅ~~~、当時を懐かしみ幸せになりつつある自分を見せたく

お店に顔を出し、馴染みだった客に話したい気持ちは分からんでもないが

今の仕事関係で知り合ったという旦那に、お下品通りでの仕事に関して

どのように話し、また旦那はどのように理解、受け止めているのだろうか?


彼女が本当の幸せを掴んでくれることを願う俺でしたぁ…

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2018/03/24(土) 08:45:37|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:0

フィリピンへの移住に不安…

「呑む!打つ!買う!」全てが大好き『三冠王』であっても

自身をコントロールできる人であれば

フィリピンへの移住も問題ないと思います。


自分ではコントロール出来ていると思っているが

何故だか飲み屋に付けがある。

一勝負するときは消費者金融のお世話になる,成ったことがある。

買いたい時も消費者金融のお世話になる,成ったことがある。

こんな方は絶対にフィリピンへの移住には向きません!


でも、こんな方は借金で首が回らない,義理よりを通すよりも、

南国の自由,開放感が好い!と

フィリピンへ移住,逃げて来ちゃうのでしょうねぇ~~~(笑


では、俺様Leoが移住に対して不安があるのはどれなのか?


「呑む!」

ハイ!お酒は好きで毎晩でも飲みたいほうです。


「打つ!」

海外放浪生活の俺、人生そのものがギャンブルみたいなので、

ギャンブル系は一切しない!


「買う!」

お姉ちゃんは大好きですが、買春は苦手ですが、バーでガンガン飲んで飲ませて散財!


なるほどねぇ…

酒と女に関して不安なのねぇ~~~と、納得される方も多いでしょうが

消費者金融のお世話になったことはなく、最低限の義理は通すほうなので

呑むのが好きでも、適当に体と相談をしながら飲むことが出来るし

大好きな姉ちゃん,バー遊びは逝く時はガンガン逝きますが

適当に体調と懐具合をみながら楽しく遊べるので

最低限のコントロールが出来ている俺なのですが

誰でも絶対にコントロール出来ないことがあります。

「病気」です。

俺はメチャメチャ健康体とは言いませんが、大病をしたことが無かったのです。

それが、フィリピンで二度ほど病院に担ぎ込まれて緊急入院…

どちらも一歩間違えば命に関わることで、一度は思いっきり開腹!!!

緊急手術を受けたことがあるのです。


医療レベルへの不安も無くもないのですが

一番の不安は医療費です。

医療費自体は日本と比べて大差ないようですが

健康保険など無いので100%負担しなければなりません。

俺の初入院@マカティでは、CTスキャンやエコー検査

点滴による投薬に血液や尿検査複数回

一週間強の入院で4~50万円…


幸い俺は長期出張者の立場なので、海外障害保険への加入が

海外出張,派遣の条件に含まれており、会社が加入してくれているので

保険で100%カバー出来て、キャッシュレスの治療が受けられましたが

もし、現金でしたら経済的な痛手も大きし

入院時の保証金、治療費が納めた保障金額を超えたら

容赦なく請求書が病室に届き支払いを求められる。


これは、退院するまで続き、お金が無くなったら

病状が悪化しようが死のうが御構い無く治療を中止!

お金が無ければ一切の治療をして貰えないのが

フィリピンの医療,治療の現実です。


因みに二回目の入院、開腹手術を受けたときは

軽く150万円は超えたようです。(苦笑


どちらも保険会社から支払が行われ、病院側が準備した書類に

サインを求められた時に添付されていた治療費,請求書を

チラッと見ただけなので正確な最終金額は知りません。


体調が悪くなったら日本に戻って治療…

これが出来きる病気や怪我だけではないですからね~


年と共に少し弱気になってきた初老Leoでしたぁ…(涙

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2018/03/06(火) 08:47:58|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:4

時代の流れはブルゴス通りにも…

以前のブルゴス通りにはマカティ通りから入り右手に一軒、

中間地点左手に一軒、更にカラヤン通り寄り右手に一軒と

ほぼ等間隔に違うオーナー,違うコンセプトの三軒のみ

ブルゴスとカラヤンの左手角に、日本レストラン「石庭」しかなく

カラヤンを超えた向こう側には怖くって行けなかったです。


現在も営業を続けているブルゴス通りで唯一のカラオケ店は

当時からあったのか記憶に無い…


以前は、こんな程度しかバーが無く、人通りもまばらで少し寂しく

近付き難い雰囲気だったが、現在の通りは非常に賑やかである。

変なモノ売りと変な者,性別不詳者が売られ、アラブ系と言えば良いのか?

水タバコが吸えるオープンカフェが軒を連ねている。

では、バー自体,店内は賑わっているかというと

この十年ぐらいのブルゴスは元気が無くなる一方

好いお姉ちゃん少ないから客足が伸びない?

客が少ないから好いお姉ちゃんが集まらない?

負のスパイラルに入っている。


元々ブルゴスは欧米人を相手にした店,バーだったのと

以前は寂しいく怪しい雰囲気満点だったので日本人は少なかったが

90年代終わりから2000年代に入り徐々にメジャーになり

日本人客も増えるが長くは続かず半島人が増えた時期もあった。


今のブルゴス,バーは欧米人のオヤジがパラパラといるぐらいで

賑わっている感じの店は少ない…


時々、日本のオヤジに、見るからにいけ好かない生意気な半島の小僧達…

大抵、この小僧共は3~4人のグループで行動しているが

バーの姉ちゃん達からも、いけ好かない生意気な餓鬼と見られているのか?

適当な距離を置かれ、姉ちゃん達の方からは近付こうとはしないのが笑える。


でも、パラパラとしか居ない欧米のオヤジ共、彼女達も生活が掛かっているので

半島の小僧共から声が掛かれば仕方がないのでテーブルへ…


数人で姉ちゃん1人を呼びLD一杯を出して、嫌がる姉ちゃんの乳

ブラやT-バックの中に伸びる複数の手…


こんな光景を横目で見ながらビールを流し込んでいると

何とも時間の流れ,時代の変化を感じると同時に

「半島人は世代を超えた姦国人だわぁ~」と再認識しました!(爆

ブルゴス親善大使のLeoです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2018/03/04(日) 09:05:26|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:2

大黒柱から生贄に・・・

日比カップルも今と昔では大きく変わった。

以前、PP創成期から全盛期ごろは、それなりの年頃,似合いのカップルを見掛けたが

最近は、若い介助,介護師と介助,介護される老人のようなカップル…


以前は、一家の大黒柱として日本へ出稼ぎに来ている姉ちゃんを

彼女は俺と巡り会う為に日本来たのだ!これは運命の出逢いと

勝手に舞い上がり、彼女の使命,天命「一家の大黒柱」であることに気がつかず?

知らずに結婚をした為に、フィリピンの家族達を扶養するために四苦八苦

彼女は彼女で「黄金の国ジパング伝説」を信じて結婚をしたが

選んだ男が予想以上に金が無い,貧乏に驚き呆れて、夜の世界に舞い戻る

もう少し金持ち,羽振りの良い男を探し回り、一家の大黒柱として

正しく体を張った,フルに使った営業,仕事に走った結果「破局」


現在は一家の大黒柱として日本への出稼ぎなど簡単にはできない

でも、極貧から抜け出したいと願っている家族の下へ

悪魔の囁きともいえる話が舞い込み、悪魔は日本には小金はあるが

結婚相手が居ない,探し出せない男で溢れ返っているから

娘を彼の目の前に差し出せば、諸手を挙げて喰い付いてくる

そんな男と結婚させれば家族が生活に困らないお金が舞い込んできます。


貧困からの抜け出すため,追い込まれている家族には選択肢はなく

悪魔の囁きの条件に合う娘を家族の代表として、体も心も売り渡す

生贄とされるのです。


要介護者,男は「フィリピンの女性は外見や年齢は気にしない!」

こんな都市伝説を信じ込まされているので、勝手に舞い上がり

結婚する条件の一つとされている「相手の経済状態を汲み取る」を飲み込み

めでたく結婚を果たし、夢にまで見た女,それも若い肉体を楽しむが

年寄りの凸凹では若い肉体を満足させることなど出来るわけがなく

若い奥さんは欲求を満たすために若い男へ走った結果「破局」


以前の方が少しは心があった,愛情が付いて回っていた気がする俺です。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2018/02/15(木) 10:59:45|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:2

Pナちゃんが求める「理想の結婚相手(日本男性)」

かつての日本でモテる男の必修条件と言えば

1.高収入

2.高学歴

3.高身長

所謂「3高男子」でしたが、それは既に古く

今、モテる男,若い女性の結婚したい理想の男性像は

1.育児や家事をしてくれる人

2.浮気と無縁で、自分だけに優しい人

3.仕事を頑張る人

「家族に優しい」「私だけに優しい」「家計に優しい」の「3優男子」


今でもフィリピンでは「3高」がモテる男必修条件だそうで

その必修条件,若いPナちゃんの結婚したい

理想の日本人男性性像とは?



1.高資産


2.高血圧


3.高齢


金があってポックリ逝きそうなオヤジです。!(爆

Pナちゃん?


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2018/02/12(月) 07:42:37|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:6

5ペソよ、お前もかぁ~~~

正確に何時変わったのかは知りませんが

だいぶ市中に出回りだして目にする機会が増えたので

皆さんもご存知だと思われる、新硬貨5ペソですが

旧硬貨のように金色ではなく、1ペソと同じクーロムメッキ?

新5ペソ

新5ペソ-1

新5ペソ-2

これが新硬貨の5ペソで、ご覧の通りデザインは勿論違うが

同じ色で僅かに大きさと厚みが違うだけで、近い所を見るのに不自由な年頃な俺では

チョッと見ただけでは判別不能…


少し前になるが全ての紙幣が一新された時も勿論、全ての紙幣のデザインは違うが

1,000ペソと100ペソの色合いが類似していたために、取り違えが多く発生したのでしょうか?

非常に不評で、間もなく誰でも判別し易くするため多く出回っている、出回る100ペソの方を

色合いを変えたことがあった。


何となく今回も不評を買い「仕方ない!」と、変更するのではないでしょうか?


変更案としては

比較的安価で済む金型流用をした材質の変更,色に変更する。

少し費用が嵩むが、金型から変えて1ペソとは明らかに違う大きさや形に変更する。

どちらにしても、追加予算が必要,税金の無駄遣いになり

硬貨を作っている業者が儲かる訳ですよねぇ…

なんでもありの国ですから

こうなることを期待している人がいるのかもねぇ~?

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2018/02/10(土) 07:33:12|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:0

やれば出来るのねぇ~~~

先月の何時だったか忘れたが、携帯電話サービス大手二社に対して

プリペイド・カードで課金された有効期限を「1年間」に

延長するよう行政指導を行ったニュースを目にしていたが

何時、両社が受け入れ実行するか解らないと思っていたが

意外と動きが良く、両社ともに既に指導に従い

有効期限を一年間に延長していたわぁ・・・(驚

因みに俺がチャージしたのは両社ともに500ペソ分です。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2018/02/05(月) 19:03:14|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:0

モテ男君!Pナちゃんが惚れたらねぇ~(笑

週に3~4回はカラオケの通っていた彼が、パッタリとカラオケに行かなくなった。

噂では一緒に住んでくれる姉ちゃんが見つかり同棲生活を始めたらしい…


あれだけ熱心に店に通っていたのだから、漸く口説き落とせたのねぇ…


えぇ~あの通い詰めた姉ちゃんでは無く、新しい姉ちゃんが見つかったの…


あぁ~あの彼女ねぇ~~~(勝ち誇った微笑

あの彼女は金が掛かる女だったので

『こちらから切ったのぉ~~~』



あらあら、随分とお姉ちゃんにモテるのですなぁ~~~


前の彼女はさぁ~同伴しても最低2回は延長を要求して

酷いときは3回以上してアフターまで付き合わせられるので

幾ら金があっても足りない金食い虫といえる酷い女だったから、

早々に別れを決意して『こちらから振ったのよ!』…



おいおい、チョッと待ってよ!

「こちらから切った!」だの「こちらから振った!」言い切っているけど

これって『単なる大鴨』で、お姉ちゃんに

全く相手にされていなかったのでしょう…(笑


カラオケのお姉ちゃんでも、本気で男に惚れたら

相手に負担を掛けないように気遣いをして

凹を入念に洗い,手入れして部屋に遊びに来るよ!(爆

まぁ~このように常に上から目線の能天気なオヤジが居る限り

カラオケの姉ちゃんは安泰だけどねぇ!(爆・爆

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2018/01/16(火) 12:12:45|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:2

サンタクロース・イズ・カミング・トゥ・タウン

EDSAエクステンションとマカパガル・ロードの交差点で交通整理している

警察官の中に、非常に元気?踊りを踊るように交通整理を行い

この季節になるとサンタクロースの姿で交通整理を行っているのですが

今年は「マニラの『踊る警官』サンタ姿で交通整理」とニュースで取り上げられた。
  (リンクを貼り付けてあるので興味のある方は是非とも読んで見てください。)


踊る警官
これはニュース記事に添えられていた写真です。


フィリピン・マニラと言えば暗いニュースが多く、そこに警察官が絡んだら

99.9%悪いニュースの中、何とも微笑ましいニュースである。


職権を乱用して弱い者いじめをし、私腹を肥やすことに精を出している警察官が減り、

この「踊る警察官」のように人々に喜んで貰える職務に忠実な警察官が1人でも

増えることを願います。


職務と言えば、マカティのお下品通りの親善大使のLeoは

1人でも多くのオヤジが喜び、愛して貰えるお下品通りになるよう

親善大使としての職務を遂行する,これまで以上に夜勤に励み

こんなサンタさんが1人でも増えることを願います。(爆


俺のサンタ

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2017/12/19(火) 15:18:19|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:0
次のページ

Leo

04 | 2018/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search