何故だかフィリピン

在比日本大使館からの注意喚起

●イスラム過激派組織がマニラ首都圏等で爆弾攻撃の計画を立てているとの
未確認情報があります(ただし,フィリピン当局は,この情報の真偽については
確認されていないので不安にならないように呼びかけています)。

●ラマダンは6月24日頃までですが,その後も当面テロに特に注意して下さい。
また,イスラム教徒の集団礼拝の日である金曜日等にも注意が必要です。

●マニラをはじめフィリピンの主要都市に渡航・滞在される方は,
最新情報の入手に努め,安全確保に十分注意を払ってください。

22日,日本の外務省から,下記のスポット情報
(フィリピン:爆弾テロ計画に係る報道に伴う注意喚起)が発出されましたのでお知らせします。

1 フィリピンでは,テロ撲滅のため治安部隊による反政府武装勢力に対する
掃討作戦が展開されています。これとの関連は定かではありませんが,
イスラム過激派組織がマニラ首都圏を含む主要都市で爆弾攻撃の計画を立てているとの
未確認情報(報道等)があります。ただし,
フィリピン当局は,この情報の真偽については確認されていないので,
不安にならないように呼びかけています。

2 近年,ラマダン期間やその前後に多くのテロ事件が発生しており,
今年のラマダン(5月27日~6月24日頃)開始後も世界各地で
多数のテロ事件等が発生しています。
また,ラマダン後半(6月24日頃まで)やラマダン明けの祭の期間(6月27日頃まで)を
含む当面の間,及びイスラム教徒の集団礼拝の日である金曜日等にも注意が必要です。

3 つきましては,マニラをはじめフィリピンの主要都市に渡航・滞在される方は,
念には念を入れ,不測の事態に巻き込まれないよう以下の対応に努めてください。
(1)最新の関連情報の入手に努める。
(2)以下の場所がテロの標的となりやすいことを十分認識する。
観光施設,観光地周辺の道路,記念日・祝祭日等のイベント会場,レストラン,ホテル,
ショッピングモール,スーパーマーケット,ナイトクラブ,映画館等人が多く集まる施設,
教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等。
(3)上記(2)の場所を訪れる際には,人混みで身動きできなくなることを避け,
周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,
できるだけ滞在時間を短くする等の注意に加え,その場の状況に応じた
安全確保に十分注意を払う。

【爆弾,銃器を用いたテロに遭遇した場合】
●頑丈なものの陰に隠れる。
●周囲を確認し,可能であれば,銃撃音等から離れるよう,速やかに,低い姿勢を保ちつつ
安全なところに退避する。
閉鎖空間の場合,出入口に殺到すると将棋倒しなどの二次的な被害に遭うこともあり,
注意が必要。
【車両突入の場合】
●ガードレールや街灯などの遮へい物がない歩道などでは危険が増す。
【コンサート会場,スポーツの競技場等の閉鎖空間】
●会場には時間より早めに入る,終了後はある程度時間を置いてから退出するなど,
人混みを避けるよう努める。
●セキュリティの確保されていない会場の外側や出入口付近は危険であり,
こうした場所での人だまりや行列は避けるようにする。
●不測の事態の発生を念頭に,会場の出入口や非常口,避難の際の経路等について
あらかじめ入念に確認する。
●パニック状態となった群衆の中で負傷するおそれもあり,
周囲がパニック状態になっても冷静さを保つように努める。

4 在留届の提出や「たびレジ」への登録を必ず実施してください。
3ヶ月以上海外に滞在する方は在留届の提出を,また3ヶ月未満の場合は「たびレジ」に
ご登録ください。(たびレジの登録: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/  )

5 日本の外務省作成の「テロ対策パンフレット」も併せお読みください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(問い合わせ先)
○外務省
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311
・領事サービスセンター
(内線)2902,2903
・領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
(内線)3047
・領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
(内線)5139
・外務省 海外安全ホームページ:
 http://www.anzen.mofa.go.jp/
 http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)
 http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html(スマートフォン版)

このようなメール,注意喚起が在比日本大使館から出されています。


戒厳令が出されている地域では、日本の報道やフィリピンで報道されているよりも
戦闘が激しいような情報も飛び交っていますので注意が必要かも知れません。


コンドテルとオフィスの往復 by 徒歩5分の生活をしている俺は

夜な夜なカラオケ~ナとの積極的なコミュケーションと取りに出掛けたり

「新規開拓!」と、好みの姉ちゃん,直ぐに股を開いてくれるようなカラオケ~ナを

探し回っている同僚から比べたら、格段に安全率は高いと思いますが

「此処はフィリピン!」と、更に気を引き締めて普通の生活をしたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
スポンサーサイト
  1. 2017/06/22(木) 19:30:40|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:0

【安全対策情報】

先ほど在フィリピン日本国大使館よりメールが配信されました。


28日朝,在フィリピン米国大使館付近の路上で不審物が発見されました。

フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在フィリピン日本国大使館

本情報は,同居家族の方にも共有していただくと共に,同居家族の方が
本メールを受信していない場合は,在留届へのメールアドレスの登録,
または当館メールマガジンに登録をお願いします。
在留届( http://www.ph.emb-japan.go.jp/visiting/consular_j/zairyu.htm )
メールマガジン登録( https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/cmd/ph.html )

1 報道によれば,11月28日(月)午前7時30分頃,マニラ市ロハス通りにある
米国大使館付近の路上において,即席爆弾と思われる不審物が発見されました。
既に国家警察の爆発物処理班が不審物を処理し,道路の封鎖も解除されています。

2 本件との関連は判明していませんが,ミンダナオ島南ラナオ州などにおいて,
イスラム過激派勢力が活発化しており,国内の市街地などにおいて類似の爆発物事案が
発生する可能性も排除できません。

3 つきましては,不審物を発見した場合は,むやみに触ったり,移動させたりせず,
その場を立ち去るようにしてください。不審物を含む爆弾テロ対策については,
以下の「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」をご参考ください。
http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/bomb.pdf


(連絡先)
○在フィリピン日本国大使館
住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila, 1300, Philippines
電話(代表): (63-2) 551-5710
      (63-2) 551-5786(邦人援護ホットライン直通)
FAX(代表) : (63-2) 551-5780
ホームページ: http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在セブ領事事務所
住所:7F, Keppel Center, Samar Loop cor. Cardinal Rosales Avenue,
Cebu Business Park, Cebu City, Philippines
電話: (63-32) 231-7321
FAX : (63-32) 231-6843

○在ダバオ領事事務所
住所:Suite B305 3F, Plaza de Luisa Complex, 140 R. Magsaysay Ave.,
Davao City 8000, Philippines
電話: (63-82) 221-3100
FAX : (63-82) 221-2176

以上…


何年前になるかなぁ~~~

年末にLRTの駅だったか車両に爆弾が仕掛けられ、多数の死傷者がでた事もあったので

対岸の火事,他人事「俺は大丈夫!」などの何の裏付けもない変な自信を捨てて

警戒心を強めて、安全にフィリピンをお楽しみ下さい!


外国人が多く集まる場所、性地ブルゴスの平和維持活動

更に力を入れなくていけならないなぁ~~~(爆

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2016/11/28(月) 18:03:40|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:0

「クリスマス・シーズン」トラブルに巻き込まれる奴らは…

●「前もって旅程を計画し、車は大通りを走行する」

●「車上荒らしを防ぐため持ち物は置きっぱなしにせず、人けが無い場所の駐車は控える」

●「制服を着用した偽警官に注意」

●「タクシーに乗る際は家族や友人にカーナンバーを伝え、車内で寝ない」など。

これはフィリピン国家警察が、市民に向けてクリスマス休暇中を安全に過ごすために

発表して助言の一部をコピペしたモノです。(笑


国家警察が市民に向けて警戒心を高めることを促し、現実に市民も警戒心と高める

フィリピンのクリスマス・シーズン中に、「俺はベテラン」を気取り何の警戒心もなく

女の尻、凹の臭いを嗅ぎまわり訪比する者や在住者となった糞オヤジ共が

何かとトラブルに巻き込まれるのは当然のこと,成り行きだと思う。


どうぞ、こんな糞オヤジ共は思いっ切り痛い目に遭って下さいなぁ!(爆


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2016/11/25(金) 12:27:01|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:2

【安全対策情報】在フィリピン日本国大使館

マカティ市マカティ通りとPブルゴス通り周辺において強盗未遂事案が複数発生しています。

フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在フィリピン日本国大使館

本情報は,同居家族の方にも共有していただくと共に,
同居家族の方が本メールを受信していない場合は,在留届へのメールアドレスの登録,
または当館メールマガジンに登録をお願いします。
在留届( http://www.ph.emb-japan.go.jp/visiting/consular_j/zairyu.htm )
メールマガジン登録( https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/cmd/ph.html )

1 17日20時頃,メトロマニラ・マカティ市のマカティ通りとPブルゴス通り周辺において,
帰宅途次の在留邦人が刃物を持った男に金品を要求される強盗未遂事案が発生しました。
即座に走って逃げたため,特に被害はありませんでした。
また,6月と10月にも同地域で朝の通勤時間帯に強盗未遂事案が発生しており,
いずれのケースも昼夜問わず人通りの少ない時間帯に犯行に及んでいます。

2 幸いにもいずれのケースも人的被害はありませんでしたが,
刃物等により危害を加えられるおそれが十分ありますので,
人気の少ない通りを避け,複数での行動を取る等注意が必要です。

3 路上における強盗(未遂を含む)事案は,上記地域以外でも発生しておりますので,
現在の通勤手段や市内での移動手段について,改めて見直す等の対策を講じてください。

4 その他の犯罪事例や防犯対策については,以下の「安全の手引き」もご参照ください。
 http://www.ph.emb-japan.go.jp/visiting/2016safetymeasures_j.pdf

(連絡先)
○在フィリピン日本国大使館
住所:2627 Roxas Boulevard, Pasay City, Metro Manila, 1300, Philippines
電話(代表): (63-2) 551-5710
      (63-2) 551-5786(邦人援護ホットライン直通)
FAX(代表) : (63-2) 551-5780
ホームページ: http://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在セブ領事事務所
住所:7F, Keppel Center, Samar Loop cor. Cardinal Rosales Avenue, Cebu Business Park, Cebu City, Philippines
電話: (63-32) 231-7321
FAX : (63-32) 231-6843

○在ダバオ領事事務所
住所:Suite B305 3F, Plaza de Luisa Complex, 140 R. Magsaysay Ave., Davao City 8000, Philippines
電話: (63-82) 221-3100
FAX : (63-82) 221-2176


何処だろう?



うぅ~~~

仕方ない、治安維持活動時間の拡大をするかぁ~~~

と、真剣に悩む?P.ブルゴス親善大使Leoでしたぁ…(笑


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2016/11/18(金) 14:57:27|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:0

生きる金になることを願うが…

久々にまにら新聞の大衆紙の話題から…


『麻薬密売犯捜査で殉職警官の娘に警官ら寄付』

国家警察のデラロサ長官は14日、警官の父親を麻薬撲滅政策で亡くした少女(10)に、
国家警察の警官ら有志から集められた寄付金400万ペソを手渡した。
少女は3歳の時に母親を亡くしており、父親が殉職してからは祖父母に育てられている。
父親はルソン地方パンガシナン州で行われた麻薬密売の捜査中に、麻薬密売容疑者と
撃ち合いになり死亡した。(16日・Pジャーナル)


日本でもそうですが大金が絡むと、これまで全く交流が無かった

遠縁の親戚が現れる,増えて「少し貸してぇ~」と集りに来るだろうなぁ…

何とか、この少女が成人するまでの生活費と学費を賄えることを願います。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2016/11/17(木) 19:13:34|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:0

怖いことになるぞぉ…

今日のまにら新聞の一面に、一度は否定したバタアンの原子力発電所の再稼働に関して

大統領が再稼働に向けて再考していることをエネルギー長官が明らかにした。と…


再稼働には約10億ドル必要だそうだが、これだけの金が動けば相当な人が潤うだろうが

維持管理などと言う言葉を知らない,出来ない国に原発は拙いでしょ…


原発の改修工事を世界標準レベルでの設計,管理と施工がされれば

維持管理が十分にされなくても10年程度は、大きな事故が起きる可能性は低いが

それ以降は、深刻なトラブル,事故が起きることでしょう!


もし、改修工事を半島の基地外や大陸の猿共がおこなぅったら

安全に稼働する期間は非常に短くなる、下手したら試運転中に起きる可能性も高い…


そうなると、フィリピン,メトロマニラで生活するのは怖いなぁ~~~


原発の再稼働だけは、何とか思い止まって貰いたいと思う俺です。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2016/11/12(土) 17:29:19|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:4

厳格さが無いフィリピンでは・・・

何を想ったか?何かあったのか?何故だか今日も更新をした「何故だかフィリピン」です。(笑


今朝のまにら新聞一面トップに『禁煙拡大』の文字がぁ…

愛煙家の俺には非常に気になる見出しである。

ダバオ市の禁煙条例を全国的に広げる大統領令が今月中に発行され

既に喫煙規制がされているマニラ首都圏でも、この大統領令で更に徹底した規制が行われる。

また、たばこの販売所などにおける広告を禁止の検討と同時に

屋内の喫煙場所についても完全に撤廃も検討しているそうです。


まぁ~確かにタバコは百害あっても一利なしと言われるぐらいなので

非喫煙者には迷惑な代物なのでしょうが、愛煙家も少なくないので

一方的な規制だけではなく、共存共栄できるような方向を考えて貰いたいです…

などと当たり障りのないコメントで終わっては面白くない無いので

俺流の視点で、既に市の条例で厳しく喫煙を規制されているマカティ市の現状を観ると

グリーンベルトやグロリエッタなどソコソコ高級なエリアでは相当厳しく規制され

飲食店内では市の条例に従った喫煙室を完備して居なければ全く喫煙が出来ず

屋外でも定められて喫煙所でなければ一切喫煙は出来ません。

しかし、マカティでも下町ですと意外とルーズでフィリピン人なら平気で喫煙が出来ます。


こんなルーズな部分を無くし、厳格に規制をしようと言う事なのでしょうが

幾ら条例や大統領令を出しても、それを厳格に運用,施行する連中が居ないのが

フィリピンでの一番の問題ではないでしょうかねぇ~~~

原則、公共の場所での喫煙を制限されているマカティなのに

ポリスは咥え煙草でバイクに乗り,それも信号無視をしたり一方通行を逆走

酷いのは歩道を走る奴もいる。


こんなポリスの再教育を同時?先行して行わないと

「大統領令」を盾にして、強請や集りが横行するだけである。


現在でもフィリピン人が歩きタバコをしていても、咎めるポリスはいないと思うが

外国人、特に日本人に対しては非常に厳しく対応,罰金を徴収しようとする。


これは交通違反も同じで、バスやジプニーが信号無視などしても

彼らを咎めるポリスはいないが、小奇麗な自家用車だと「我こそ法の番人」と

胸を張り罰金を言う名の小遣いを徴収する。


先ずは、条例や法律を厳格に運用,施行する組織,日本減の育成が大事だよ!



こんないい加減な国フィリピンに関わる俺達は本当に辛く大変である!

などと、当たり障りのないコメントで締め括っても面白くないので…

俺流の締め括り、フィリピンに関わっている人、住まわせて貰っている俺達は

フィリピンの法律や条例を順守することが肝要で文句を言う事ではないと思う!!!


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2016/10/10(月) 12:27:53|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:10

足元の注意を怠らないように!

御無沙汰しています。

また、残念なニュースがまにら新聞の一面を飾っています。

数日前に自宅から僅か5メートルと言う距離で日本人が射殺されました。

ニュース記事から観ると、プロによる犯行のようですが

被害者の日本人は真面目で温厚、他人から恨みを買ったり、

トラブルを起こすような人物ではないとのことです。


しかし、彼の事を鬱陶しい,嫌った方が何処かに居たのですねぇ~~~


俺がフィリピンに関わってから現在までに数え切れないくらいの

日本人が殺されていて、その理由はたった一つ「金」で

殺害計画を立てる奴は二種類で、仕事絡みの人間かフィリピン側の身内

彼女や奥さん、又は,その家族だったりするのだが

どれも犯人,実行犯や計画者,黒幕が逮捕されたことがない…


俺も含めてだが「家は上手く行っているからぁ~~」と

他人事のように思っている方々、今一度足元を見直した方が良いかもねぇ~

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2016/08/04(木) 12:13:58|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:6

マニラでの求人…(笑

在フィリピン日本国大使館(マニラ)において領事業務事務補助員募集のお知らせ

1.担当事務 在留届、在外選挙に係るデータ整理、広報事務 1名

2.採用期間 平成28年5月上旬から平成28年7月31日まで

3. 勤務地 在フィリピン日本国大使館領事班
(2627 Roxas Boulevard, Pasay City Metro Manila)

4. 採用条件
(1)勤務は日本語中心となるが、電話等の照会にて、日本語、英語が不自由なく読み書き、
会話ができること。更にタガログ語が解せることを推奨。
(2)フィリピン国内にて収入を得ることが可能な査証を所持していること。
(3)MS Excelを使用した簡単な表計算、帳票作成、MS Wordによる
文書作成等パソコンによる作業ができること(日本語Windows)。

5.勤務
(1)平日、大使館開館日週5日の内2日~3日を契約時に選択して勤務する。
但し、事前に許可を得て別曜日に振り替えることは可能。
(2)午前8時15分~午後5時15分
(午後0時30分~午後1時30分の昼休み1時間を除く実勤8時間)

6. 待遇
1日から月末までの実勤時間に対し、時間当たり8USドル乃至それ相当のペソを
次月はじめに支払う。通勤手当は支給しない。

7.応募方法
(1) 履歴書(書式自由)を4月26日(火)までに領事窓口に
持参又は郵送(締切日必着)で提出する。
なお、履歴書には、応募理由と日中に連絡可能な電話番号及び電子メールアドレスを
記入のこと。
○ 履歴書には、フィリピン滞在査証(現在有効なもの)の写しを添付すること。

8.選考方法
書類審査と面接による。
応募書類を元に書類選考の上、面接試験日4月29日の前日までに電話にて連絡する。
なお、面接試験前日までに連絡のない場合には不合格とし、連絡はしない。
また、応募資料は、合格、不合格にかかわらず返却しない。
9.照会先
在フィリピン日本国大使館 02-551-5710 担当 伊勢(内線1436)

10.郵送先
Embassy of Japan
c/o Consular Section Zairyu-Senkyo
PO BOX 414 Pasay Central Post Office

LBC等の宅配便で送る場合には、
Embassy of Japan
c/o Consular Section Zairyu-Senkyo
2627 Roxas Boulevard, Pasay City Metro Manila



興味のある方はどうぞ…



久々の更新がメチャメチャ手抜き,在フィリピン日本国大使館からのメールのコピペ…

ここ「何故だかフィリピン」の閉鎖も近いないぁ~~~(爆


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2016/04/19(火) 17:34:51|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:8

安全なマカティ

今日は、在比友人のブログに一旦はコメントとして入れたのですが

そのコメントがブログネタになると思い付き、彼のブログへのコメントを

思いっ切り簡略,変更して、此処でアップしたいと思います。


危険と言われているメトロマニラ、その中でも「マカティは安全」と言われている,

思われている方は少なくないと思いますが、マカティだって時間帯と場所によっては

マラテ以上に危ない場所となります。


先ず、マカティと聞いて思いつくのが、日本食屋さんが集まっているリトル東京周辺

カラオケが立ち並ぶパサイロード沿いに、俺が親善大使を務める、お下品通りでしょうが

それらはマカティでも下町で、マカティの「危険地帯」と言えて

安全と言われる「高級地マカティ」ではないですよ!?


では、比較的安全な高級地マカティとは何処になるのかと俺の基準で言えば

Ayala Triangle Parkを中心にして、北はブエンディア、南はパサイロードまで

東はEDSA、西はアモンソロまでぐらいでしょ…(これでも少し広めに言っているかな?)


このエリア内、もしくは至近に住んでみたらわかるのですが

そこに住んで居る人は勿論のこと、そこに出入りする人達もエリア内と外では

人種が全く違うとまで言えますわぁ…


一つの例として、このエリア内には、リトル東京周辺にいらっしゃる「お金頂戴」や

くわえ煙草でフラフラしている糞餓鬼共を見る事は先ずないです。


このエリア内で、普通の生活を送っていたら事件は事故に巻き込まれる可能性,

確率は相当低くなり、それが「マカティ安全」と言われるようになったのだと思う。


それを、都合よく?拡大解釈して、マカティは安全だから大丈夫だと高を括り

マカティの危険地帯と言っても過言では場所で、深夜まで酒を飲んだくれ

酒に飲まれ、姉ちゃんの尻を追いかけていれば、危ない眼にも遭いますわぁ~


安全なマカティを実感したければ、是非とも「高級地マカティ」に住んでみて下さい。


そうそう、そんな高級地の住人は、外出時は運転手付の高級車を使い

徒歩での外出何って殆ど無いですねぇ!

彼らがあるくのは精々、高級デパートの店内とかモール内

車の乗り入れが禁止されている所ぐらいですがねぇ…(笑


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
  1. 2016/01/21(木) 17:49:53|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:8
次のページ

Leo

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search