何故だかフィリピン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の俺

朝から帰国中の社長から仕事の督促!

珍しく仕事に集中!(確りブログはアップ)気が付けば5時過ぎ

今日で9月も終わり、日本は明日から衣替えですねぇ~

でも,明日は土曜日で会社勤めの方はお休みでしょうか?

此処はフィリピン!常夏!衣替えなんて無縁かなぁ~

最近,深夜,早朝の冷え込みが激しく?風邪をひいた俺・・・

すっかりフィリピン人化した俺の体、日本復帰の夢は早く捨てた方が

良いのでしょうか?
スポンサーサイト
  1. 2005/09/30(金) 18:25:59|
  2. 俺の****
  3. | コメント:2

怖~い!

民家に手榴弾が投げ込まれ2人が死亡!

おぉ~怖~い!手榴弾が簡単に入手できる事も怖いが
投げ込まれた理由がもっと怖い!

投げ込んだ男は現在逃走中らしいのですが、警察発表では
この男は、投げ込んだ家の14歳の娘をレイプした疑いが有るそうです。

証拠隠滅のために、手榴弾で一家抹殺を計画!チョッと凄すぎます!

被害に遭った人は、この家にたまたま遊びに来ていた友人2人で
今回に事に一切関係が無い人だったそうです。
(ご冥福をお祈りいたします)
  1. 2005/09/29(木) 10:27:37|
  2. フィリピン人
  3. | コメント:2

激化

今,マニラ首都圏ではカラオケ店の新規開店が増えています。

俺の友人(カラオケ店経営者)の話によると、首都圏で
120店ほど有るそうです。

その為か,駐在員が多く生活マカティー地区にマーケティングに
来ているGROを多く目にします。

昨夜もリトル東京周辺で数十名の女性がチラシ配り
中には日本風にポケットティッシュを配っているところまである。

これも例の規制の為でしょうねぇ~!

メトロマニラと言うこの狭い枡で皆が潤うことが
本当に出来るのでしょうか?
  1. 2005/09/29(木) 10:20:15|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:2

ブルーな午後

俺は非常に躁鬱が激しく、極端な言い方すると

風の吹きようで落ち込んだりすることがあるのです…

何故だか今日の午後はとてもブルー,とても憂鬱な午後です。

こんな日は、とにかくネガティブになってしまい“お先真っ暗”などと

思い込み更に落ち込む・・・

何処から如何見ても陽気なフィリピン人,彼らに鬱病は

あるのでしょうか・・・

明日は元気になってブログの更新をしたいと思います。
  1. 2005/09/28(水) 15:42:26|
  2. 俺の****
  3. | コメント:2

堪りません!

今日二度目の更新です。

久し振りに戻って来た俺は、俺の遊び場所である某ストリートへ

足を運んで見た!

当然,奥さんには内緒なので、少し仕事を早めに切り上げ1~2時間の

僅かな時間を作ってだ!

夕方5時過ぎ、一部を除き通りは寝ている、新しく出来た店が数軒

その内の1軒を覗いてみると、数は少ないがなかなか可愛い娘が…

他愛の無い会話を一時間ほどして、帰ろうとすると可愛い娘が耳元で

「I'm horny today! Because of you!」あぁ~堪りません!

今でも俺が此処に足を運ぶ本来の目的を再確認して振り切って

帰って来ました!(残念)

本来の目的:情報収集(時々来る友人達の為にです)
      (スケベ心から遊びに来ている訳ではないです)
  1. 2005/09/26(月) 16:51:07|
  2. 遊び
  3. | コメント:2

また,出ましたぁ~

追っかけ渡比をしたAさん

ホテルのアレンジ全てを彼女に任せ、意気揚々と訪比すると

準備されていたホテルでチェックインをして驚き!

何とスイートルームが予約されたいたのです。

Aさんはそれなりのお金持ちなので値段に驚いたのではなく

彼女が気を利かせてスイートを予約しくれたと思ったのでした。

所が彼女の思惑は違い、Aさんと同じ部屋で寝たくなかったのでした。

鍵を掛けて寝室にこもった彼女に対して怒りの頂点のAさん

結局,彼女は部屋から出ては来たものの、激しい口論!

当然二人は別々に寝る事なり、彼女の思惑は通りになったのです。

翌日,目を覚ましたAさんにはもっと残酷なことが・・・

彼女が姿を消しているのです!それも、お金と共にです。

ある在留邦人に泣き付いたAさん、驚いた事に彼女の住い

住所すら知らないのでした・・・あぁ~あ

結婚を意識した相手の住所も知らずに渡比する人が多いのには

驚かされます!
  1. 2005/09/26(月) 13:30:36|
  2. 日本人
  3. | コメント:3

寒~い!

今日は朝から雨模様のマカティーです。

フィリピン=常夏のイメージと言うイメージをお持ちの方が多いと

思いますが、これからのフィリピンは日中はそこそこ気温が

あがりますが、朝夕はかなり涼しくなるのです。

今日のように雨が降ると薄手の上着が欲しいぐらいです。

フィリピンの一番涼しい時期12~2月頃は、日本の真冬ですから

渡比されても涼しくは感じられる事は無いですよね!

フィリピンの涼しさ,過ごし易さを感じられるのは、在比者の特権?
  1. 2005/09/24(土) 14:35:31|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:2

ご愁傷様です。

またまた出ました!痛いオヤジの話です。

年齢50代前半,フィリピン人の彼女は20代前半の美人(俺の好み)
全盛期の宮沢りえ風の顔立ち,スタイルもA級(巨乳)です。

2年ほど前から交際が始まり,彼女がフィリピンにいる時は渡比を繰り返し
日本に仕事に行けば少々遠くてもまめにお店に通っていました。

そして、お決まりの行動へ…

彼女の田舎にかなり広い宅地を購入,家の建設費用を現金で渡し
新車を買い与える!

結婚話が現実味を帯びて来たのですが、結局破局を迎えてのです。
彼女が一方的に振ったのでした!

「あぁ~日本人のオジさんが可愛そう」
「フィリピン女性は嘘つきで信用ならない!」
これは大方の意見でしょう!

昔の俺でしたら100%同じ見方,意見でした!
確かに、女性は騙したのでしょう!このオヤジは騙されたのでしょう!

ですがそれだけでしょうか?

日本のフィリピンパブで知り合い、お互い惹かれあう!問題ありません。

それで,何故土地付きの家,新車をプレゼントするのですか?
俺には理解出来ない!

それだけ愛していたから?
愛の深さを伝えるのに、高額のプレゼントが必要ですか?

どこかで彼女を馬鹿にしていたのでは?「フィリピン人=貧乏」とね!
大金を見せて繋ぎ止めようとしていたのでは?

この彼女、初めから騙す積もりだったかも知れませんが
違うかも知れません。

もし,違っていて真面目に付き合い始めたとしても、相手の心
「金で何とかなる!」を読み取っていたとしたら…

貴方だった如何しますか?

仮に貴方が資産家で年収数千万有ったとしても、同じ日本人同士で
こんなプレゼントしますか?家1軒,車一台なんて・・・

確りと相手を見て、同じ人間として愛していなかった結果では?

それにしても日本人は「オカニ持ち」(笑)
  1. 2005/09/23(金) 16:35:29|
  2. 日本人
  3. | コメント:2

恵まれている俺!?

俺の人生には「努力」「根性」「忍耐」などの言葉が無いのです。

でも,日本人として生まれたお陰で、義務教育が受けられ

貧乏な家庭で育った俺でも、公立高校を卒業出来た。

それに引き換え、この国の人々は・・・・

国家統計局の発表によると6歳から24歳までのフィリピン人の3人に1人は

学校に行った事が無いか中退をしているそうです。

学校,勉強が嫌いな俺・・・少し反省!
  1. 2005/09/22(木) 14:03:56|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:3

困りました!

俺の会社が入っているビルの隣にガソリンスタンドがあったのだが

4ヶ月留守にしている間に潰れてしまっていた…

俺は車を持っていない,持てるような身分ではないので

ガソリンスタンドが何軒潰れようが一向に構わないのだが

スタンド内のコンビニが無くなったのが堪えるのです。

買い物?しません!コンビニ内にコーヒーショップがあったのです。

それほど美味いコーヒーを飲ますわけでは無いが、仕事をサボって

コーヒーをススリに行く場所が無くなったのです(涙)

感性の違うフィリピン人と一日中顔を突き合わせて居ると

結構疲れるんだよなぁ~
  1. 2005/09/21(水) 17:24:41|
  2. 生活
  3. | コメント:2

今夜は?

俺はフィリピンの食べ物全般が苦手、美味しいと思わないのです。

フィリピン料理,フィリピンローカルブランドの食べ物全般!

果物も意外と美味しくないと思うが「マンゴー」これだけは

世界で一番美味しいのではないかと思うぐらい美味しいです!

マンゴーの旬は3~5月ですが、今の時期でも見る目が有れば

とても美味しいマンゴーにあり付けるのです。

久し振りにマニラ戻って来た俺の為に、奥様がとびきりのマンゴーを

買って来てくれたのです。(昨夜の事です)

一口食べた瞬間「美味い!」を発して、夢中で食べてしまいました!

これは、幾ら日本に良い物が輸入されていても味わうことが出来ない

本物の味です。

渡比する機会がある人は是非ともトライして下さい!

それとフィリピン産で美味しいのは「サンミゲルビール」ですかねぇ!

それ以外は全てそれなりの味です。
  1. 2005/09/20(火) 19:32:42|
  2. 生活
  3. | コメント:4

偽造天国

漸く出ました!興行ビザ取得用の「偽証明書」

あるカラオケ店がフィリピン人プロモーターに一枚5,000ペソで

偽出演証明書を売り,タレントに10,000ペソで売り付ける!

安と言えば安いが、此処で一人5,000ペソの利益ですかぁ~

出生証明書,パスポートまで簡単に買える国ですから

偽証明書ぐらい簡単ですわなぁ~

あぁ~この国は大統領選挙まで偽りでした!
  1. 2005/09/20(火) 09:37:53|
  2. フィリピン事情
  3. | コメント:4

フィリピンからです。

お陰様で先週,無事帰国?渡比?何だろうかぁ~

何にも変らない!(当然ですが)妙に落ち着くんだよなぁ~この国!

でも,俺は有る意味で、フィリピン人が嫌いなのです。

お願いだから通路の真ん中で立ち話は止めて下さい。

急いでいる俺の前でタラタラ歩かないで下さい。

噂話をする時間を減らして、仕事に集中して下さい!

お願いで~す。あぁ~嫌になる!

でも,こんなフィリピンに居ると落ち着く俺…

病気だねぇ!
  1. 2005/09/19(月) 19:35:37|
  2. 俺の****
  3. | コメント:2

ご無沙汰しています。

お蔭様で無事日本に帰って来ています。(先週の土曜日10日夕方に成田着)

久しぶりの日本は予想以上に蒸し暑くチョイと驚いています。

日本は俺が生まれた国(当然ですが)帰ってくれば当然嬉しいのですが

何だか落ち着かないですよ!毎回そうなですが、滞在中は“不眠症”に

悩またれるのです。

今回は時差ボケがプラスされているので本当に辛いですわ…

早く落ち着く為に、明日16日にマニラに帰り、週末はノンビリしようと

思います。

来週から本格的にブログの更新を致します。

最後になりましたが、労いのコメントを頂,有難う御座います。
  1. 2005/09/15(木) 17:17:24|
  2. 生活
  3. | コメント:3

お知らせ

このブログを始めてもう直ぐ3ヶ月になります。

読んで下さっている人の中には「このブログ本当にフィリピン在住者の
物?」と感じている人もいるのではないかと思いますが
実はこのブログを始める前から俺は海外出張中で、出張先から
書いているのです。

でも,漸く海外出張も任期満了と言う事で帰国する事になりました。

俺の場合の帰国は日本なのかフィリピンなのか?国籍的に言えば
日本ですが普段の生活で言えばフィリピンでしょう!

兎に角一度日本に立ち寄り、フィリピンにめでたく帰国いたします。

日本に立ち寄っている間は、出張報告(仕事の一部)、健康診断、
それと飲み会!仕事仲間と飲み会,友人との飲み会などが飲み会だけで
5~6件予定が入っていまして結構忙しいのです。

その為,ブログの更新が滞るかも知れませんが、忘れないで下さい。
フィリピンに無事帰国いたしましたら、最新情報,ニュースなどを
取り混ぜた面白いブログを目指します。

では,これから空港に向かいます!
  1. 2005/09/09(金) 01:04:13|
  2. その他
  3. | コメント:3

初渡比 その4

今回で一応終わりと致します。

殆ど寝る事が出来ないかった俺だが多少は寝たのだろう、寝言で彼女の
名前を呼んでいたそうで、家族に何の夢を見ていたのかと尋ねられるが
笑って誤魔化した。

マニラまでの帰り道は本当に遠かった、彼女のオヤジさんが近道を
教えてくれたので実際は4時間チョイで戻れたのだが…

車の中でいきなりガイドさんが「ごめんなさいLeoさん、私,会った事も
無い彼女事を悪く言い、マニラに戻ろうといった事」俺は全然
気にしていなかった、誰が何と言おうと俺が納得していれば
それで問題無いのだから…

今度はガイドさんが真顔で「私,貴方の事を応援します」ガイドさんは
俺自身の事も変に誤解していた所が有ったと素直に言ってくれて、
昨日,今日の俺の態度をみて、まともな日本人と判断したのだろう、
彼女の事は昨夜,家族達と話をしてごく普通の女の子,ごく普通の
家庭環境育った事が判ったのだろう

途中,ガイドさん所属の旅行社に寄り、ホテルの手配をして頂き、
取り敢えずはホテルにチェックイン、正直おれは彼女の仕事場へ
直行したかったのだが…

ガイドさん「このホテルから歩いて5分ほどですよ!彼女が勤める
デパートは」
彼女はマカティのとあるデパートで販売員の仕事に就いていたのです。

焦る気持ちを抑えデパートへ向う、かなり広いフロアーの
デパートでしたが、入り口に一歩足を踏み入れた瞬間、
一番奥の玩具売り場にいた女性が目に留まった

俺はひと目で彼女と判った!でも,彼女は俺のことは全く目に
入っていない!

ユックリと歩く俺、一歩一歩を確かめていた、夢では無い事を
確めるように、そして今,彼女は俺の目のいた

ユックリと顔を上げる彼女!目が合った瞬間に俺が一言
「約束通りマニラに来たぜ!」
今にも泣き出しそうな彼女が「本当にLeo貴方なの?」
「来てくれると思ってなかった」

それから2ヵ月後、成田空港北ウイング(当時ターミナルは一つだけ)
PR432定刻到着
満面の笑みを浮かべた彼女が出てきた「約束通り日本に来ました」

あぁ~懐かしい思い出です。
それから一生懸命2人で同じ道を歩いてきた筈でしたが、
何処かで2人とも道に迷い11年後に別々の道を歩く事を
決断してしまったのです。
  1. 2005/09/08(木) 10:16:25|
  2. 思い出
  3. | コメント:3

初めて出会ったフィリピン女性

コメントを頂いたので、俺が初めて出会ったフィリピン女性について
書いて見ます。

初めて会ったフィリピン女性は“売春”で日本に来ていました。

その子は店で“ジュン”と呼ばれていて、何時も寂しそうに店の隅の
席に座って、楽しいそうにしている俺たちのテーブルを見ていた。

この店は、俺の知り合いの女性が経営していて、お気に入りの
ホステスさんが居たので、多いときには週に7日行っていました(爆)

ある晩,忙しく俺のお気に入りの娘は大忙し、空いている子はジュンだけ

フィリピン人である事は知ってが“売春”で来ている事は全く知らなかった

俺「はじめましてLeoです。」
ジュン「ジュンです。私で良いのですか?」
俺「何で?」
ジュン「・・・・」

その後,彼女は俺の話す事の時々うなずくだけで殆ど無反応!
当時の俺は現役の学生(未成年の学生)であったが英語全然駄目
日本語での話が判らないと思い、アクション混ざりで話ていた。
(時々浮かべる笑みがとても可愛い女性でした。)

そこに通りかかったベテランホステスが
「Leoさん,一晩3万!こいつ売春で来てるんだよ!」
「だから根性が捻じ曲がっていて、言葉が判っても、判らない振りして
私達を馬鹿にしているんだよ!
「フィリピン人のくせに生意気なんだよ!」

その時のジュンの悲しそうな顔は今でも覚えています。

俺は元来、美人が好きなのと,余り差別意識が無く、その後も
何も無かった様に彼女に接した…

当時のスナックは閉店前にチークダンスをするのが決り
俺の相手は当然ジュン!

店の照明が落ち、体を密着している、そうすると心なしか
ジュンの肩が震えている、良く見ると泣いていたのだ

ジュン「Leoさん、有難う!こんな私に優しくしてくれて有難う!」
   「貴方が初めてです。私を普通の人して接してくれた日本人は」
   「私だって好きでこんな仕事しているのではないのです!」

俺「・・・」何も言えなかった!

帰り際に,周りに判らない様に俺の頬にキスをしてくれました。

その後チョイと忙しく一週間ほどお店に行く事が出来なくて
久し振りに行くとジュンは、他の店に回されていました。
  1. 2005/09/06(火) 11:05:46|
  2. 思い出
  3. | コメント:4

初渡比 その3

予想以上に鮮明に思い出せるもんですね!

「ガイドさん、後どれ位掛かるのですか?」そしたら思わぬ答えが…
「本当に遠いですねぇ~一応地図で確認はして来てはいるのですが
私もドライバーもこっち方面は初めてなんです」

オイオイ!俺は場所を知っているガイド,ドライバーを頼んだ筈…汗
「道は合っているんですか?」
「えぇ~国道を北に向えば目指す街がある筈ですから」
そんな事は俺でも知っているが、ここまで来たら騒いでも仕方無いので
平静を装う…

それから間もなく“Welcome xxxx City”の看板が目に飛び込んで来た!
胸がトキメキ,涙が溢れるぐらい嬉しく,感動していた、彼女に会える
今,俺は彼女が生まれた街に来たんだ!

街の中心地のジプニー乗り場へ道を尋ねにいくが、全く要領を
得られない様子、ガイドさん曰く「此処から先は看板も何も無い
農道なので、私達だけでは行く事が出来そうに無い」
今更そんな事言われても…

そこに現れた中学生ぐらいのガキ、いや少年が隣の村に祖母がいるので
道案内が出来ると申し出てくれた!ここでフィリピン人の優しさに
触れ、感激!(勿論,お礼金付です。)

早速出発!本当に何も無い、田んぼのあぜ道を進み約30分、彼女の住む
村に漸く到着した。
数十軒の小さな村だったので聞いたら彼女の家は直ぐに判り、
先ずはガイドさんが訪問して事情を説明しに行ってくれた。

彼女と再会が出来る、4ヶ月振りだ!逸る気持ちを抑えるので必死な
俺だったが、なにやら様子が変、彼女の姉妹と話をしている????
ガイドさんの顔色が変わった…まさか…

「Leoさん,彼女はここには居ません」言葉の出ない俺、なんで…
「3週間前、マニラに仕事見つかりマニラにいるそうです」
「貴方からの電報が届いたのは3日前ですので、彼女は貴方が
フィリピンに来る事は知りません。」

俺は直ぐにマニラに引き返したかったが時間は夜11時少し前,
安全性などを考えるととても帰り事が出来ない、空を仰ぎ…
俺は…うぅ~…

ガイドさんを介して色々と話をし、突然の訪問に戸惑う彼女の両親
家族達、俺の事は彼女から聞いていたが、まさか本当に尋ねてくるとは
思って居なかったようです。
そりゃこんな無茶な日本人はそうは居ないでしょから…

彼女の仕事先も教えて貰い明日の早朝マニラに引き返す事にした。
俺は街に戻りホテルといったのだが、深夜にはこのあたりゲリラが
出るから危険と…

俺の頭には彼女の事しかなくゲリラも怖くは無かったが彼女の家族の
御好意に甘えて今夜はガイドさん共々お世話に成る事に成った…

あぁ~疲れた!続きは又今度で~す。
  1. 2005/09/04(日) 07:48:31|
  2. 思い出
  3. | コメント:4

1986年当時のフィリピン

当時,俺はフィリピンに対して全く予備知識が無く、フィリピンで
日本円が簡単に両替出来るとは知らなかったのです。

正確な交換レートは忘れましたが、確か1ペソ=9円チョッと?
だったように記憶しています。
当時は皆さん、両替所をブラックマーケットと呼んでいて
(無許可だったのでしょか?)
公定レートより1~2ペソ/USドルで交換してくれていました。

82年に1ペソ=40円,84年には1ペソ=20円,俺の初渡比86年には
10円弱と見る見るレートが下がり、フィリピン経済の失速
(マルコス政権の失速)が伺えます。
(82年,84年のレートは、歌手として働きに来ていたフィリピン女性から聞いたものなので正確なデータとは言えませんがねぇ!)

当時のタクシーは日本から輸入した中古のジェミニを左ハンドルに
改造した車が主流で、エアコン付きとノンエアコンのタクシーがあり、
初乗り料金も違っていました。
初乗りは確かエアコン付きで1.5ペソだった思います。

タクシーメーターが全て日本からのお下がり,中古品で数字
(アナログメーター)が手書きで、“空車”と書いてある丸く赤い
表示がダッシュボードか顔を覗かしていました。
この頃から、タクシー料金はいい加減でよく揉めていました。
ジプニー,バス等も乗りましたが料金は覚えていません。

Takaさん,ぶーちゃん(お言葉に甘え“さん”を取らせて頂きました)
コメント有難う御座います。
(俺,Leoに“様”は止めて下さい。“Leoだけで結構ですよ!)

「何故だかフィリピン」は俺のブログですが、掲示板に書き込むような
気軽な気持ちでコメント書いて頂いて結構です。

俺に対する質問,批判でもOK!

フィリピン関連で「知りたいことある」この様なコメントでもOKです。
俺の判る範囲,答えられる範囲でお答え致します。
  1. 2005/09/02(金) 01:06:21|
  2. フィリピン事情
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

初渡比 その2

前回はマニラ到着,来た理由まで書いたので、その続きを…

彼女とは日本で知り合い,5ヶ月と言う短い間では有ったがデートを
繰り返しお互い惹かれ合ったのですが、言葉もよく判らず,文化,
風習も違う、正直言ってお互いの事を何も知らないと言って良かった。

彼女は俺の家を何度となく訪れているので、俺の家族,生活環境等を
知って居るが、俺は何も知らない、惚れた相手の全てが知りたくなる事は
俺の中では当たり前の事で有った。

何故,彼女が迎えに来なかったか?
電気も数ヶ月前に漸く通ったような田舎、電話なんかある訳は無い!
当然携帯電話なんか無い!

行く事を彼女に伝える為に国際電報を打つが彼女からの連絡は来なかった。
でも,俺は見てみたかった、たとえ彼女が連絡出来ないような状況で
有っても…
(国際電報はマニラまでは翌日着いたのだがそれから10日以上後に彼女の家に着いた)

彼女に貰った住所と地図を握り締め単身マニラへ…

車中,ガイドさんに出会いから現在に至るまでを詳しく話しをした後、
ガイドさんが一言
「Leoさん,マニラに戻りましょう」しばし沈黙,ガイドさんは
俺のような日本人を何人もガイドした経験が有り、余り良い思い出が
無かったのだった。
そして又口を開く「現実を見て悲しい思いをするだけです」
辛い一言で有ったが、
俺は「良いんです!仮に泣く事に成っても、このまま彼女に会わずに
帰ったら必ず将来後悔しますから」ガイドさんは非常に悲しそうな
顔をして俺を見詰めていた
「俺は結果がどの様に成ろうが俺は俺の恋に終止符を打ちに来たのです」
「もし,俺が幸運な男で有れば愛を手に入れられるかも知れないし」

その後、ガイドさんは俺にフィリピン人の気質,文化,習慣を熱心に
教えてくれた…

マニラを出て既に5時間、国道でありながら街灯など無く生まれて
初めて経験する暗さ、正直チョイト後悔、こんなに遠いと思わなかった。

では、又今度続きを…
  1. 2005/09/01(木) 10:06:48|
  2. 思い出
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Leo

08 | 2005/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。