何故だかフィリピン

貧しくなった駐在者

一昔前の駐在員と言えば高待遇で優雅な生活を送っていますが

本邦でも問題視されている経済格差がフィリピンの駐在員にも

確実に反映されています。


一昔前までは全ての駐在員は、会社が準備した高級住宅に住み

運転手付きの車が当たり前でしたが、現在の駐在員は

ソコソコの長期滞在型のサービスコンドやアパートメントに住み

会社が準備した運転手付きの車を2~3名程度でシェア

時にはワンボックスタイプの車で5~6人でシェアさせて

滞在経費を1/3程度に抑えているので、駐在手当ても以前とは

比べようが無いぐらいに下がっているようで

以前は平日から駐在員で賑わっていた日本レストランや居酒屋には

日本人,駐在員の姿は無く、経済成長が著しいフィリピンで

この波に乗り、生活レベルが上がってきているアッパーミドルクラス?の

フィリピン人で賑わっている。


その代わり、一昔前はリッチな駐在員が無向きもしなかった

安定食屋さんに現代の駐在員が押し寄せています。


この安定食屋の本業は「日本食料品店」でして、買い物の序に簡単に飯を済ます。

こんな感じだったのが、経済的に厳しくなった日本人が仕事仲間と来ては

食料品売り場に売られているカップ酒や缶チューハイを買い

つまみは定食モノのおかずだけオーダーして宴会気分…

中には焼酎のボトルをキープしているグループも居て驚きます。


リッチな駐在員で賑わっていた日本レストランや居酒屋で

軽く飲みながら食事となれば最低でも1人頭1500ペソ以上

この安定食屋でしたら確りと飲んでも1人頭1000ペソ以上になることは無いと思われる。


何かと厳しいことは解るが、日本人なら誰でも知っている有名企業の

社名入り作業着を着た団体が、定食屋で確りと飲み

ほろ酔いで大声を出して騒いでいる,会社に対する不満,愚痴をこぼしている姿を

横目で見ながら定食を食っていると、何とも時間の流れ,時代の変化を感じると同時に

色々な意味,広い意味で「貧しくなった駐在者が増えた」と、寂しくなります。


昔は貧しい駐在者で今は貧しい長期出張者

貧乏生活を強いられているLeoです。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ マニラ情報へ
スポンサーサイト
  1. 2018/02/25(日) 08:48:43|
  2. 日本人
  3. | コメント:0
<<(お詫び及びお知らせ)貧しくなった駐在者 | ホーム | フィリピーナにもてたい!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Leo

06 | 2018/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search